シブログ4269

久々に働いたら疲れたので

向かいの居酒屋さんでサボってると

レジェンドオーナー登場

 

 

山科の熱い話から

 

渋屋の話しに

 

 

「初めてのお客さんが次来てくれる為に

何かしてる事はあるか?」

 

 

 

禅問答みたいに

 

 

 

えー、接客とか料理とか

 

「当たり前や」

 

うーん、名前覚えるとか?

 

「正解ではない」

 

えーー、なんか仕組み的な事?

 

「お前よー店やってんな」

 

 

オーナーしてると

上司がいないので

つめられたり

叱られたりする事がないので

とても新鮮

 

 

 

えーーなんやろ

 

 

 

正解は

「関係性をつくる事」

 

 

確かに

渋屋は希薄

 

 

山科をそんなあったかい街にしたい

とのこと

 

いーっすねー

 

 

そーかーなるほどなー

 

 

お店って

オーナーの気持ちでるなーと

 

確かに

渋屋は希薄だわ

 

正解も出せなかったし

って事は希薄だ

 

言葉に出来てなかったし

 

 

少なくとも

そー感じる人はいるわけで

 

大切な事だなと

しみじみ感じました

 

 

さすが

レジェンド

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。